岐阜大学保健管理センター

センター紹介

沿革

開設当時のプレハブのセンターの写真
開設当時のプレハブのセンター(1974)

保健管理センターは、本学の学生および教職員の健康保持増進に寄与すべく開設された、教育研究支援施設です。

昭和44年10月、開設に向けて学内に保健管理専門委員会が設置され、昭和49年4月の国立学校設置法施行規則一部改正にともない、同年10月、長良キャンパスに学長直下組織として本センターは開設しました。同時に、学生相談室も本センター内に設置されましたが、当時は専門スタッフが少なく、各学部の教員が学生相談を引き受ける体制でした。また、キャンパスも長良・那加・司と3ヵ所に分散していたため、本センターは各キャンパスの保健室と連携し、業務を行っていました。

昭和56年の柳戸キャンパス新設時に、保健室も新しく開設されましたが、全キャンパス統合計画により、昭和58年から保健管理センターの機能も柳戸キャンパスに統合すべく準備を行い、昭和58年に現在の場所(学生会館1階)に移転しました。平成16年4月、医学部と附属病院の移転が完了し、ついに本学は1つのキャンパスに統合され、本センターが全学部・研究科の健康管理を効率的に行うことができるようになりました。

平成16年には職員の健康管理体制も大きく変化しました。国立大学法人化にともない、本学も人事院規則から一事業所として労働安全衛生法が適用されるに至り、本法律に則った健康管理体制を構築することになったためです。同時に、文部科学省職員共済支部診療所も閉鎖となりました。本センターは、労務管理担当部門と連携し、職員の健康管理、疾病予防、復職支援などの産業医活動を担うこととなり、平成22年に専任の産業医と産業保健師が配置されました。

一方、平成19年には、生涯健康教育に取り組んだプロジェクトが文部科学省の「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」(学生支援GP)に採択され、健康診断や健康教育の質向上、心のケアの充実を目指してきました。特に常勤カウンセラー(教員・臨床心理士)がはじめて配置されたことで、精神科医と臨床心理士が協働して学生の心理的ケアに当たる体制が充実しました。

現在の人員体制は「スタッフ紹介」をご覧ください。

歴代センター長(2013年4月1日時:PDF)

学内の場所

センター入口写真
センター入口

保健管理センターは大学本部の隣、学生会館の1階にあります。

学内の位置はこちらから
http://www.gifu-u.ac.jp/campus_map/

組織と体制

保健管理センターはセンター長のリーダーシップの下で業務を遂行しています。業務内容はフィジカル・ヘルス、メンタル・ヘルス、産業医活動など広い分野におよびます。

本センターには、大学内の教職員から組織された「保健管理センター運営委員会」が設置され、適宜開催されています。本センターに関する規則は、年報をご覧ください。

施設紹介

保健管理センターは健康教育と応急処置の設備を有しています。必要に応じて、適切な医療機関を紹介します。

窓口写真
窓口
診察室写真
診察室
保健管理設備写真
保健管理設備
休養室写真
休養室
岐阜大学 保健管理センター
〒501-1193 岐阜県岐阜市柳戸1番1
電話:058-293-2174 FAX:058-293-2177 E-mail:hokencen@gifu-u.ac.jp
EnglishJapanese